読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらねこ日記

読書、映画、考え事など。色々なテーマを扱える人になりたいです。

映画「沈黙」

"対価"を追い求めた先に、"愛"はない気がする。

 

"私はこんなに頑張っているのに、あの人は評価してくれない。"

"僕がこんなに色々尽くしたのに、あの人は何もしてくれない。"

相手に対価を求め出すと関係は崩れだす。 

 

愛情に、対価の概念は必要ない、と思う。

理想論的になってしまうし。

現代社会の根底に"対価"の考え方があるのも重々承知。

 

ただ、愛情の形を突き詰めて最後まで追いかけた時。

残る言葉は"対価"ではない気がする、のだよね。

 

映画「沈黙」サイレンスを観て。

"対価"

そんな言葉を思い浮かべた。

 

"信仰に対価を求めるか否か?"

言い換える。

"私たちの祈りに対して。神は何をしてくれたのか?"

信仰もまた。

対価を求めると崩れ出すものなのかもしれない。

 

f:id:anfield17:20170212131539j:plain

f:id:anfield17:20170212131608j:plain

f:id:anfield17:20170212131620j:plain

 

あらすじを引用

17世紀江戸初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、ポルトガルから日本にたどり着いた宣教師ロドリゴ

彼の目に映ったのは想像を絶する日本だった。

信仰を貫くか、棄教し信者達の命を救うか―究極の選択を迫られる。

 

ハリウッドを代表するスコセッシ監督が日本の小説家 遠藤周作の「沈黙」を映画化した作品。

 

舞台は江戸時代。

キリスト教への弾圧の話。

 

全編。

キリスト教への弾圧が繰り返される。

迫害、拷問、処刑・・・。

緊張感が保たれる描写が圧巻。

巨匠スコセッシの力量としか言いようがない。

 

僕自身は原作を読んでいたのだが。

"原作と比べるとなぁ・・・的な批評"をする隙が一切なかった。

原作を読んだ次の日に映画を観ても、感服する、と思う。

 

"キリスト教を棄てるか?命を棄てるか?"選べ。

本作を貫く問いかけである。

 

そして・・・

次々と信者たちが命を棄てていく。

信仰を守り、祈りを捧げながら。

 

苦しむ人々の声が聴こえるならば。

神はなぜ、何もしてくれないのか?

あなたに祈りを捧げて次々と弱き者が死んでいく。

神が存在するならば。

何故、祈りを捧げる弱き者を救ってあげないのか?

それでもなお、あなたは沈黙を続けるのか?

 

タイトルの「沈黙」とは。

神の沈黙の事である。

・・・

祈りを捧げて死んでく信者たちに対し、神は沈黙を続ける。

神は対価を与えない?

・・・

宣教師であるロドリゴは"神の沈黙"に揺らぐ。

目の前で拷問の果てに殺される信者たち。

"おまえが棄教すれば、彼らの命を助けてやる"と宣告され。

疑念と苦しみが渦巻く中で物語が進む。

信仰と対価を天秤にかけた精神的拷問。

・・・

そして、彼が最後に選ぶ道は・・・?

f:id:anfield17:20170212131653j:plain

原作と変わらぬテーマ。

"信仰と対価"の問題に揺さぶられる。

対価を求めるならば、選ぶ道はただ一つ。

ただ、それが正しい道なのか?

 

・それでもなお、信仰を守るのか。

・だからこそ、信仰を棄てるのか。

どちらの立場でも読み解けるのが本作。

 

日本人のキャストが多く出演。良い味を出している。

主演のアンドリュー・ガーフィールドも好き。 

リレーの高揚感をそのままSF映画にしたような快感。「ローグワン」

リレーが好きである。

学生時代の運動会リレーでは、がんばれがんばれと地味ながら囃し立てるタイプ。

アンカーまでバトンを渡す。

この"バトンに思いを託す"的な一連の流れが実に良い。

速い人も遅い人も、みんな一生懸命に走るしね。

 

なお、僕自身はそこそこ足が速かったので黄色い歓声に包まれた良い思い出。

ただし、クラスの速い人のみの選抜リレーだと、歯が立たない程度の速さ。

何度か選抜されてしまった結果。

のび太スネ夫の前では威張ってたジャイアンが、プロレスラーに囲まれてしまったら借りてきた猫になりました、的な情けない思いをした事がある。

 

リレーの魅力と言えば。

バトンを次の走者に託す美しさ、であろう。

この点もはや語るまでもなく。

死に物狂いでつないだバトンをアンカーが"後は任せろ"と受け取るストーリーは感動の王道。

"託す美しさ"をシンプルに体現したものがリレーである。

 

さて、そんなリレーに似た美しさと疾走感のあるSF映画を紹介する。

まるでリレーの高揚感をそのままSF映画にしたような快感。

舞台は宇宙なんですけどね。

 

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」

f:id:anfield17:20170205095829j:plain

 

命をかけてつないだものが希望となる。

繰り返すが。

本作を上手く表現するのは、リレーとの言葉だと思う。

上記に挙げたリレーの高揚感に似た楽しみがある。

 

本作。

スターウォーズのスピンオフ。

スターウォーズ エピソード4の直前の話である。

故に、観た事ある人は結末が大筋読めているのだが。

それでもなおドキドキする。

蜘蛛の糸ほどの可能性を手繰り寄せて・・・

仲間にバトンを渡し続ける姿に胸踊る。

 

あらすじを引用。

スター・ウォーズ最新作!『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。

銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑みながら、行方不明の父の謎に迫っていく…。

『エピソード4』の冒頭でレイア姫R2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?

そこには、命を懸けたミッションに挑んだ名もなき反乱軍兵士たちの、誇り高き戦いのドラマが隠されていた…。

初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

 

いわゆる王道スターウォーズ感は低い。

ストレートなスターウォーズ好きからすると物足りない部分があるかも。

例えば、ライトセーバーの見せ場が少ないとか。

スターウォーズはこれだけが楽しみな人にはオススメできない。

f:id:anfield17:20170205095652j:plain

 

なので、スターウォーズ古来のファンが王道スターウォーズを期待しすぎると、"ん?”となる。

ただ、ちょこちょことファンを喜ばす仕掛けもあるのでご安心を。

※ダースベイダーさんとかね。

anfield17.hatenablog.com

 

スターウォーズを知らない人でも。

"デススターはとんでもない兵器である点"だけを予備知識に持っていけば楽しめると思う。

 

ラストに向かう疾走感と高揚感が魅力的。

まるでリレーみたいにね。

 

なお、本作。

登場人物が粒ぞろいなのも実に良い。

インフルエンザに罹患した友へのレクイエム。

インフルエンザが大流行です。

僕の周りでも二人ほど。

 

ところで、僕はウイルスがDNAを持っているとの話が好きです。

f:id:anfield17:20170202222527p:plain

 

改めて話すと。

ウイルスはDNAを持っている。

DNAとは、生命の設計図、と言っていて良いもので。

我々からDNAを奪ってしまえば自己複製ができなくなり、細胞が次々と死滅していくのみになる。

生命の根幹であるDNAをウイルスが所持している事実、そこにロマンを感じます。

 

生命をDNAを持っていて自己複製するもの、と定義すれば。

ウイルスは生命なのですから。

不思議で仕方ありません。

 

ウイルス、と聞くと、誰もがしかめっ面をする事は言うまでもなく。

小学生時代に"ウイルスくん"とのあだ名の子供がいたら、確実にいじめられているんだろうな、と思う程、嫌われものである。

巷にはウイルスキラーとの文字が溢れている事でも明らかでしょう。

 

しかし。

世の中からウイルスを絶滅させてー!!!

ウイルスなんて世の中に必要ないんだー!!!

と思ったあなた。

 

大馬鹿ものです。

 

以前読んだ本で、ブログでも取り上げたのだが。

 

anfield17.hatenablog.com

  

哺乳類は進化の過程でウイルスを取り込んでいます。

具体的に言うと。

哺乳類の遺伝子にウイルスの遺伝子が組み込まれた結果、哺乳類は"胎盤"を取得したとの事。

 

簡単に言えば。

我々の祖先が何かしらのウイルスに感染した結果、哺乳類は胎盤を獲得したのである。

細かい事はさておき。

ウイルスに感染していなかったら哺乳類は胎盤を持っていない、のです。

※ウイルスに感染して突然変異が起きたとでも解釈して下さい。

 

ところで、胎盤とは?

との話になるが、一言でまとめると、胎児の生命維持の役割を果たしている重要な臓器です。

お腹の中で赤ちゃんを育てる重要な臓器と言って良いでしょう。

哺乳類がお腹の中で赤ちゃんを育てる上でのキーポイントです。

 

繰り返しますが。

我々の祖先がウイルスに感染していなかったら。

ひいては、ウイルスなんてものが世の中に存在しなかったら。

哺乳類は胎盤を取得する事ができなかった可能性があるのである。

そうすると、卵で赤ちゃんを育てるような形になっていたかもしれない。

(それはそれで楽しそうですが。)

 

なので、もし仮にあなたがインフルエンザウイルスに感染して苦しんでいたとしても。

もしかしたら、哺乳類における胎盤取得的な突然変異の先鋒になる可能性は十分あるのです。

 

あなたは人類の明るい未来のためにインフルエンザウイルスで苦しんでいるのかもしれないですよ〜

インフルエンザに感染してつい最近まで苦しんでいたであろう友へのレクレイムとして。

(まぁ、そいつは子孫を残すかどうか不明ですけどね)

 

インフルエンザに罹患した人をみて、そんな事を思いました。  

愛の力で脳の処理速度が早くなるって、実験結果で証明されているそうです。

"愛してる"の響きだけで強くなれる気がしたよ。

スピッツの名曲チェリーから。

愛の力で強くなれる、的なフレーズで唯一思い浮かんだ。

 

愛によって強くなれる、なんて使い古された話。

西野カナさんの曲とかを探せばいくらでも出てくるのだろう。

※注) ただの偏見です。

 

愛がサハラ砂漠よりも乾いている今の僕からすると。

科学的根拠のないバカな空論言いやがって、と思うわけである。

 

最近の出来事では。

彼女ができたばっかりの男がインフルエンザに罹患した。

ほれみろ、言わんことはない。

愛による力なんてないのである。

むしろ、天罰が下っているではないか。

根拠のない話で愛を神聖化しやがって。

私は独り身ですが、インフルエンザとは無縁ですよ。

愛がなくても強くなれる。

科学的ではない話で愛を神聖化しやがって!

とか思っていたら。

 

目から鱗の実験を知ったので紹介する。

どうやら、愛の力は脳の処理能力を上げるそうである。

 

実験の内容を簡単にまとめる。

・被験者は20歳前後の女性 36名。

 

画面に表示された単語が英語かどうかを見極める実験。

ただ、画面に表示されるの時間は1000分の26秒。

つまり、サブリミナル効果レベルの話であり、当人は何を表示されたかすらわからない。

 

画面に表示されるタイミングは、事前に告知される。

告知はされるものの、表示が一瞬すぎるため正答率は高くない

意識にものぼらない表示を英語か否かを見極めろってのも無理な話である。

 

やるからには頑張ってもらう。

条件として、できるだけ早く判断をしてもらう。

 

まとめると。

表示された意識にものぼらない言葉を英語かどうかできるだけ速く判断してもらう実験。

なお判断は手元のボタンで報告してもらう形。

 

さて、実験について。

ある条件を加えると、できるだけ速くの部分が、より速くなるそうである。

つまり、判断が早くなる=脳の処理速度が上がる。

 

条件とは?

問題が提示される0.15秒前に恋人の名前を表示する、とのシンプルなもの。

ただし、恋人の名前も1000分の26秒しか表示されない。

故に、例によって意識されないレベルなのだが。

※無意識ながらサブリミナル効果で行動には影響がでる。

恋人の名前が表示される or されない で判断スピードが変わるそうである。

具体的に言うと、0.03秒判断が早くなる。

大差ないように思えるが。

統計学的には有意差との事。

 

同じような実験を友達の名前で行った所、効果はなかったとか。

 

脳の活動的にも。

やる気/モチベーションに関わる脳深部が活性化するそうである。

 

実験結果から見るに。

恋人の名前が脳の処理速度を上げている、と考えて良いのである。

・・・

あ、愛の力って科学的に証明されてじゃん、と驚きつつ。

ゴビ砂漠みたいに潤いのないこの生活を呪い。

処理速度はUPするためにも、愛の力を得なければ、と思いを新たにする。

まぁ、陸に打ち上げられたクジラみたいに身動きが取れない状態ですけどね。

 

脳科学の入門としておすすめ。

「脳には妙なクセがある」

池谷裕二

からほぼ引用。

f:id:anfield17:20170201231042j:plain

 

面白い話だったので紹介しておく。

「本日は、お日柄もよく」小説家が言葉の力を信じる気持ちを描いた作品

スピーチってのは、様々な場面で重宝される。

そして、上手い/下手に差がでる。

 

(自分の事は一切、棚に置かせていただいて)

 

下手で長いスピーチってのは犯罪の領域だと思う。

ポイントは、下手に加えて長い事・・・

下手なスピーチはヒヤヒヤするだけだが。

下手で長いと段々イライラしてくるもの。

 

そんなわけで、スピーチはだらだらと長くならない限りは及第点、との心持ちでいる。(気持ち的に楽だしね。)

 

僕のスピーチ経験は、兄の結婚式ぐらいなもの。

 

あの時は、事前に告知がなく。

・司会者と目が合って嫌な予感。

・司会者が段々近づいてきて予感を確信。

司会者が

「あれ〜。弟さんも結婚式に来てれているようですよ。」

と空々しく発言した瞬間、自分がまな板の上の鯉である事に気づいた。

「ちょっとお話聞いてみましょうかぁ〜」 

(うわぁぁぁ)

との流れ。

僕が陸に打ち上げられたアザラシみたいな目になったのは言うまでもない。

辻斬りにあったぐらいの不意打ちであった。

 

まぁ結果、個人的には・・・

急に振られた割にはGood Jobのスピーチを披露できた気がしている。

(もはや、口ではなんとでも言えますしね)

  

そんなわけでスピーチとは。

突如、舞い降りてくると混乱する。 

(ただし、事前に告知されると1週間前から緊張するんすよ。)

 

全く苦にしない人種もいるのだけど。

僕はそんな事はありません。

 

ただ、やらざるを得ない時は来ますので。

そんな時のために是非この本を。

 

「本日は、お日柄もよく」

原田マハ

f:id:anfield17:20170130221528j:plain

 

あらすじを引用。

OL二ノ宮こと葉は、想いをよせていた幼なじみ厚志の結婚式に最悪の気分で出席していた。

ところがその結婚式で涙が溢れるほど感動する衝撃的なスピーチに出会う。

それは伝説のスピーチライター久遠久美の祝辞だった。

空気を一変させる言葉に魅せられてしまったこと葉はすぐに弟子入り。

久美の教えを受け、「政権交代」を叫ぶ野党のスピーチライターに抜擢された!目頭が熱くなるお仕事小説。

 

スピーチライターたる職業の話。

簡単に言うとスピーチの原稿を書く人である。

 

数々のスピーチが本編で披露されるので参考になる。

原田マハさんは言葉遣いが巧み。

 

お気に入りの表現を引用する。

「あー・・・」と、シロクマに襲われた瀕死のアザラシのような声を出した。

 P 9 

ユーモアがありますよね。

 

本編は、

・前半が結婚式のスピーチ

・後半が政治関係のスピーチ

との構成。

 

個人的には、前半部分が良かった。

後半部分は現実との乖離が気になってしまって感情移入できず。

ただ、あらすじ云々の前にスピーチが素敵なので読む価値あり。

 

本作を読んで。

著者の原田マハさんは"言葉の力"を信じているのだと思った。

小説家が言葉の力を信じる気持ちを描いた作品。

故に選ばれている言葉は珠玉。

 

小説において。

素敵な言葉ってのは、何においても魅力的。

 

同じ泳ぐでも

モルディブの綺麗で美しい水を泳ぐ(※訪れたことはない。)

埼玉市民プールを泳ぐ

のでは気持ちよさが違う。

同じように、小説におけるステキなフレーズは気分を高揚させるもの。

その点、原田マハさんは安定感あり。

小説の中に星空が散りばめられているかのように、キラリと光る言い回しがある。

 

あらすじを含めると、「キネマの神様」が好きだが。

本書も楽しめた。

 

anfield17.hatenablog.com

 

 

 

せっかくなので最後に本書の中にある"スピーチの極意"を引用。

スピーチの極意 十箇条
1.スピーチの目指すところを明確にすること。
2.エピソード、具体例を盛り込んだ原稿を作り、全文暗記すること。
3.力を抜き、心静かに平常心で臨むこと。
4.タイムキーパーを立てること。
5.トップバッターとして登場するのは極力避けること。
6.聴衆が静かになるのを待って始めること。
7.しっかりと前を向き、左右を向いて、会場全体を見渡しながらかたりかけること。
8.言葉はゆっくり、声は腹から出すこと。
9.導入部は静かに、徐々に盛り上げ、感動的にしめくくること。
10.最後まで、決して泣かないこと。

 

スピーチ教本として売り出せるのでは?とも思う。

映画史上で最も愛された悪キャラ?ダースベーダー

ダースベイダー。

映画史上に残る悪役キャラクターの一人であろう。

漆黒に包まれた姿はThe 暗黒面。

初見であっても「こいつ悪い奴だな。」と感覚的にわかる。

※300年後の人類が見たとしても、悪い奴だな、と思うであろう。

俗に言う"ラスボス感が半端ない"。

彼がいる or いない、でスターウォーズは全く違う作品になったと思う。

f:id:anfield17:20170129202527j:plain

 

独特のテーマ曲で登場する。

ダースベイダーのテーマ - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=kVvNKRk0Mgw

 

一緒に見つけた"やる気のないダースベーダーのテーマ"も面白かったので貼っておく。

www.youtube.com

 

スターウォーズに興味がなくても一度は聴いた事があるのではなかろうか。

劇中にこのテーマが流れると、スターウォーズファンは高揚する。

 

スターウォーズを全く知らない友人に・・・

"ダースベーダーって知ってる?"と聞いたら。

"コホーコホーの人でしょ?"と返ってきた。

あながち間違いではないし。

ディテールを言い当ててきたので何も補足はしなかった。

要は有名なキャラクターなのである。

"コホーコホー"が存在/威圧感を倍加させているのも事実だしね。

 

以前、後輩に"コホーコホー"とモノマネを仕掛けてみたら・・・

寿命を迎えた亀みたいな目をするばかりで全然ウケなかったが・・・。

 

こよなく愛される悪キャラである。

悪の中枢にも関わらず。

ダースベーダーを愛するスターウォーズファンは多い。

理由は様々あるが・・・。

ダースベーダー誕生秘話を掘り下げていくと、必然的にわかる。

(説明も面倒だしネタバレするので何も書かないが。)

※ただ、何と言ってもフォルムがカッコいい、の一言に尽きる。

 

ダースベーダーはいわゆる帝国軍の司令官的な存在である。

要するに、悪党軍団の親玉に仕える最強の司令官。

会社で言えば、副社長ぐらい偉い人なのだろうけど。

頻繁に敵陣へ突入する。

しかも、敵の艦隊に単騎で堂々と乗り込む。

先に触れた通り・・・

テーマ曲を流してから満を辞して登場するのだから、隠密でもなんでもない。

(まぁ、強いので、三國無双のようにバッタバッタと敵をなぎ倒すのであるが。)

 

ただ、基本的に司令官的な存在であるため。

劇中、頻繁に部下から報告を受けているのだが・・・

部下は不憫。

イメージだと・・・

①ポーカーフェイスすぎて報告中に反応がわからずに部下が焦り始める。

②お気に召さないようで最終的にはダースベーダーに首を絞められる。

のような流れになる。

 

完全に見かけ通りのブラック企業の上司ですよ。

f:id:anfield17:20170129204238j:plain

 ↑良い報告であっても。こんなのに報告したくないわな。

 

ダースベーダーってのは、元々は悪い奴ではなかったのも有名な話。

"暗黒面(ダークサイド)に堕ちた"と劇中では表現されるが。

これは、スターウォーズが生んだ、最高の名言であると思う。

日常的にも"あいつ、ダークサイドに堕ちたな・・・。"と使われる。

(なので知っていて損はない。)

 

と、ここまでダースベーダーについて語っておいて。

(語りたくなるぐらい魅力的なキャラなのです。)

スターウォーズに魅力は、最大の悪キャラが愛されている事、で紐解けると思う。

悪党が魅力的な映画って良い作品が多い。

羊たちの沈黙ハンニバルレクターとか。

正義の味方がかっこいい映画より、悪役が魅力的な映画が好き。

 

映画史上に残る稀代の悪役ダースベーダーたる傑物を知るだけでも、スターウォーズシリーズを鑑賞する理由になると思う。

 

※ローグワンのダースベーダーがカッコ良すぎたため、こんな記事になりました。

逆さメガネをかけると風景は上下逆さまになるが、一定時間で慣れるそうです。

逆さメガネをご存知だろうか?

視覚の全てが上下逆さに見えるメガネである。

いつもの景色が上下逆に見えるのだから違和感があるのは言うまでもない。

 

僕自身はかけた事はないのだけど。

かけた人曰く、乗り物酔いみたいに気持ち悪くなるそうである。

 

そんな逆さメガネも1ヶ月ほど生活すると慣れてしまう、との話は脳科学の世界では有名である。

つまり、最初は違和感があれども。

時間が経つと何の問題もなくなるのである。

脳の適応力との点で、これほど顕著な例はなく。

物事が上下反対になっても、問題なく日常生活を送れるって凄い事だと思う。

 

ただ、人間の網膜は構造上、常に上下逆の像を見ている。

日頃見ている景色の方が上下逆なのだ。

※詳しく知りたい人は検索してみて下さい。

上下逆さまに写っているものを脳内で正しく変換していると言って良い。

人間の網膜に映っている像は上下が逆さまなのだが、脳内で逆さまに認識していないのである。

 

これらの事実は、脳がいかに適応力を持っていると気づかせてくれる。

一方で、結局、脳にとっては上下がどうあろうと問題がない事を物語る。

つまりは、脳にとって正しいかどうか、は、どちらの世界で多くの時間を過ごしたか?によりけりなのである。

 

上下がどちらに見えようと脳は適応できる。

自分が見ている世界が上下逆さまのものではなく、正しい世界だと思い込む事ができる。

逆さメガネをかけると一時は逆さに見えるが、後々に違和感がなくなるのである。

 

この事実。

恐ろしく思うのは・・・

脳が如何なる環境にあろうとも、自分が正しいとの自己修正を繰り返し、最終的に自分が正しいと思い込むが事ができる、との点である。

 

僕自身30年近く生きているが、自分が世界を上下逆さまに見ていると思った事は一度もない。

これ自体が"慣れの産物"であり、自分は正しいと脳が自己補正をした結果なのだと思う。

 

僕は脳の基本的な性質は自分が正しい、と思い込もうとする事にあると考えている。

上下が逆さまの景色に"違和感を感じなくなる=正しい世界にいると思い込む"事が実にわかりやすい例ではなかろうか。

 

さて、自分の見ている世界に対する脳の補正能力について触れたが。

敷衍して論じると。

他のありとあらゆる事についても脳は自分が正しいと思い込もうとする習性があると思っている。

なので、ありとあらゆる人が、自分は正しい、と思って行動している、のではなかろうか。

空気が読めないとか、こいつ頭おかしいな、と思う人でも。

個人の脳内では、自分が正しい事をしている、との認識で行動しているのではなかろうか。

 

そんなわけで自分の非を認める、のは誰にでもできる事ではなく。

脳内の生物学的な習性とは真逆な行動であると思うのだ。

だからこそ、非を認める事で人は正しい世界を認識できる可能性を持つ。

その事を忘れないようにしよう。

 

※引き続き、「単純な脳、複雑な私」池谷祐二さん、から。

f:id:anfield17:20170122184108j:plain