読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらねこ日記

読書、映画、考え事など。色々なテーマを扱える人になりたいです。

虚構の真実を追い求める物語。「ユージニア」

作家:恩田陸 小説:日本人作家

「ノンフィクション?あたしはその言葉が嫌い。事実に即したつもりでいても、人間が書くからにはノンフィクションなんてものは存在しない。ただ、目に見えるフィクションがあるだけよ。目に見えるものだって嘘をつく。聞こえるものも、手に触れるものも、存在する虚構と存在しない虚構、その程度の差だと思う。〜。」

 

P19から引用。

物語の核心をつく、非常に印象的な言葉であった。

そう、本書は虚構の真実を追い求める物語。

物語の虚構は崩れ去り、あなたの真実が再構築される。

ただし、答えは明示される事はない。

 

先に言っておくと、白黒がはっきりしないと気が済まない人にはオススメしない。でも、世の中に白黒はっきりする事なんて、滅多にないと思う。

世の中は意外な程、灰色な事が多いものだ。

 

「ユージニア」

著者 恩田陸

 

f:id:anfield17:20150822185449j:plain

 

あらすじ。

ある名家が主催したパーティーで大量毒殺事件が起きる。

17人もの人が亡くなった悲惨なる事件。

犯人と思われる男が自殺し、事件は表面上は解決したが、多くの謎を残したままであった。

そして、数十年の時を経て、再び事件の事が語られる。

 

登場人物の一人一人が当時の記憶を独白する形。

読者は、各パートの語りを読みながら事件の細部を読み取っていく。

事件が再構築されるプロセスに読者は完全に引き込まれる。

吸引力が尋常でない事を保証する。

 

・いったい誰がなぜ、無差別殺人を?

 

事件の関係者が壮絶なる記憶を呼び起こす中で、見えてくる新しい事件の真相。

真実とは何か?

浮かび上がってくる一人の人物。

それは、無差別殺人がおきた名家で一人生き残った女の子。

青澤緋紗子である。

 

彼女は文中でこう表現される。

立派なお屋敷に住むお嬢様。彼女はそれがぴったりだった。

本当に、本当に下世話で無神経な感想だけど、惨劇の後ですら彼女にはそれが似つかわしかった。

悲劇の生き残り、それが彼女の役に似合っていた。

誰も口にしなかったけど、近所の子供たちは、心の中で同じことを考えていたと思う。

憧れの彼女は、悲劇のヒロインにふさわしかった。

青澤緋紗子とは、一体、なにものか?

そして、事件と何らかの関わりがあったのか?

あの大量毒殺事件はなんだったのか?

読み始めれば、どんどん次を読みたくなる。

掛け値なしにおもしろい。

 

さて、最後に、本書は"真実"について核心をついた作品だと思う。

 

こういう言い方になる。

各パートの語り手は皆が"真実"を語っている。

だけど、その全てを集めて構築されたものが"真実"であるとは限らない。

つまり、各登場人物の主観的には真実であっても、それが"あなた"が思う真実であるとは限らないのである。

あなたが思う"この事件の真実"とは何であろう?

 

恩田陸さんの小説は人を夢中にさせる力がある。

他の事が手付かずになる可能性があるのでご注意を。