読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらねこ日記

読書、映画、考え事など。色々なテーマを扱える人になりたいです。

私のテーマソング。転じて、人生に関する考察。

エッセイ

今週のお題「私のテーマソング」

 

私のテーマソング?

さらっと、壮大な事を聞く。

そもそも"テーマ"の意味とは。

①作品の主題。

②(論文・演説などの)中心的課題、構想。

(新明解から)

 +ソング。

そして、"私の"なのだから・・・

"私の主題を歌"で表すって事になる。

おいおい、そもそも、"私の主題"ってなんじゃらほい。

転じる。歌の話をしている場合ではない。

そもそも、主題を見つけるべし、である。

 

"私の主題"か・・・。

まぁ、俗に言う"ワタシ探し"的な話である。

ただ、僕は、この"ワタシ探し"的な話が嫌い、である。

(少々の偏見も含まれている事は重々承知。)

"ワタシ探しの旅"とやらに出ようとする輩を見ると、少々懐疑的に思う。

(特定の人を思い浮かべているのも事実。)

 

そして、以下、偏見と毒舌が混じった取り留めのない文章を綴る。

 

イメージ先行型。

"ワタシ"とやらはインドによく転がっているそうである。

1週間では見つからず、1ヶ月以上滞在すると見つかると噂される。

一般的にマイホームに引きこもっていると"ワタシ"は見つからない。

旅に出る事で、"ワタシ"が見つかるそうである。

"ワタシ"を探す旅はとても崇高です。

"ワタシ"を見つけると人生が充実します。

そして、大学生に多い。

なお、特に根拠はない。

・・・

んな、あほな!!!

 

例えば、20歳ちょうどの若者が1ヶ月の旅行で"ワタシ"を見つけようとしたとする。

 

それでは質問。

①"19年と11ヶ月を過ごしたワタシ"

②"旅先の1ヶ月で見つかったワタシ"

どっちが本当のワタシでしょう?

 

質問自体がバカバカしく思えてくる。

もちろん、現時点が最先端のワタシである。

ただし、過去は過去でワタシであった事は事実。

19年と11ヶ月の蓄積があってこそ旅先にワタシがあるのである。

結局、20年の延長線上にある点がワタシなのだと思う。

 

極論を言えば、"ワタシは今でしかない"。

"本当のワタシ"なんてものは、常に現在進行形な存在にすぎない。

 

インドに"行ったワタシ"も"行かなかったワタシ"もどちらも本当のワタシなのである、と思う。

そもそも、見つかるもんか?との話し。

基本的に常にあるものなのである。

"ワタシ"を喪失しているのは、村上春樹の小説に出てくる主人公だけでお腹がいっぱいです。

 

そんなわけで、"ワタシ探し"の旅とのニュアンスがあまり好きではない。

且つ、同じような事を強烈に感じたのは就職活動の時期である。

 

「本当に自分のやりたい事がわからない・・・」

と悩む就活生。

価値観は人それぞれ。

且つ、悩むのは大いに結構。

ただ・・・。

ただ一つ声を大にして言いたいのは。

 

・80歳まで生きるとします。

・就活生は20〜24歳としましょう。

 

人生の4分の1が過ぎた所で全てを決定する必要があるでしょうか?

もしくは、20歳を少し過ぎた程度の価値観が一生続くのは嫌ではないですか?

って事。

 

だから、就職活動は気楽に考えていた。

今、本当にやりたい事だと思い込んでも、外れる可能性がある。

だから、当たるも八卦当たらぬも八卦、である、と。

 

面接でこの類の質問が来ても・・・

”逆に今やりたい事を60歳まで続ける人生(そこまで価値観が変わらない事)の方が嫌です、と答えた事もある。

やりたい事なぞ、コロコロと変われば良いではないか。

価値観が変わった方が愉快な人生ではなかろうか。

と、肩の力を抜いてみる。

 

もちろん、価値観がブレない人への敬意も忘れずに。

当たり前だけど、普通にカッコイイ。

つまりは、どっちでもいいって事さ。

 

なお、ソングについて一言も触れないのは気が引ける。

好きな歌なら答えられます。

U2のWalk Onですかね。