読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらねこ日記

読書、映画、考え事など。色々なテーマを扱える人になりたいです。

"ミクロの世界は常に正しい。" "錯誤は脳内で蒸発する。"

意識に関する本を読んでいたら、こんな事が書いてあった。

f:id:anfield17:20160124225225j:image

 

・"ミクロの世界は常に正しい。"

・"錯誤は脳内で蒸発する。"

 

個人的に、納得いく部分あり。

思わず、だからかぁ!と色々な事柄が腑に落ちた。

 

何の事か?

簡単に説明する。

 

例えば、"幻聴"。

聴こえていないものが当人だけ聴こえてしまう事である。

 

"あれ?今、赤ん坊の笑い声がした・・・。"的な話。

 

まぁ、心霊スポットでも思い浮かべていただきたい。

無論、実際に赤ん坊の声はしていない事を前提とする。

実際に赤ん坊の声はしていないのに、当人は聴こえている状態。

これが、幻聴である。

 

赤ん坊の声はしていないのだから、勘違い、錯誤である。

隣に人がいれば、"気のせいだよ〜"とポンと肩を叩かれておしまい。

"あ、そっか〜"でめでたしめでたし。

 

さて、この時に勘違いを起こした人の脳の中では何が起きているか?が問題である。

 

先に答えを言うと。

幻聴がした時・・・

脳内の活動的には、”赤ん坊の声が実際に聴こえている"。

つまり、脳内に限れば、赤ん坊の声が聴こえるの正しいのである。

 

どういう事か? 

脳内の活動とは、神経活動である。

赤ん坊の声が聴こえるとは、ある領域の神経活動が見られる状態を指す。

 

測定器を用いて、神経活動を調べる。

 

そうすると・・・

①錯誤の状態(幻聴:赤ん坊は存在すらしない)

②正常な状態(実際に赤ん坊が笑っている。)

の神経活動的な区別はつかないようである。

つまり、同じ神経活動をしている。

 

要するに・・・

①錯誤の神経活動

②正常な神経活動

を知らずに比較すれば全く同じ神経活動と捉えてしまうとの事。

これは即ち、脳内では(自分では)一切区別がつかない事を意味する。

 

これが、

・"ミクロの世界は常に正しい。"

・"錯誤は脳内で蒸発する。"

の意味である。

 

実際に音はしていない状況。

当人だけの幻聴であったとしても。

脳内のミクロの世界では実際に音がしている(神経活動だけをみれば)。

錯誤が脳内で蒸発しているのである。

 

さて、この"ミクロの世界は常に正しい。"と"錯誤は脳内で蒸発する"について考えた事を少々。

 

まず、脳の基本的な仕組みが"錯誤を蒸発させる"ってどうよ?

実際に正しかろうが、正しくなかろうが・・・

当人の中では正しい事として処理しているのである。

幻聴の話で言えば、音がしてようが、してまいが。

 

個人的に思ったのは。

多くの人が、"常に自分は正しいと思っている。だって、脳はそういう風にできているんだもん"って事。

 

間違えを認める人だっているじゃないか!と言うかもしれない。 

しかし、極端な話。

"自分に非がある事を認めた人"すらも、"自分に非があると認める自分"を正しいと思っているのではないか。

 

脳が自分を正しいと思う習性がある気がする。

人は錯誤を蒸発させる生き物であると思えてくる。

結局、人と人はつまり、ミクロとミクロなので。

詰まるところ、正しいと正しいの対決なのである。

 

生きていると、何故、こんな事で怒るのだろう?とか。

全く理解し得ない行動をする人が時々いる。

それに対して、どう考えたら?とか、何を考えているのだろう?とか、あれこれ考えて理解しようとしたが・・・

理解できない場合が多い。

その理由が1つわかった気がする。

 

向こうは向こうで自分が正しいと思っているのである。

そういう風に脳内が活動しているのだ。

当人は錯誤を蒸発させて正しいと思い込んでいるのである。

もし、客観的に第三者が見て正しいと思えない場合でも、脳内で変換する事なんざ、お手のものなのである。

だって、音がしなくても、神経活動は起こりうるのだから。

 

神経活動は個人の完結した世界の中では嘘をつかない。 

自分が正しいと思う事の危うさをまざまざと思い知らされる。

ただ、そういうものだと思えば、自分の正当性に基づいた怒りは存在し得ない事になる。

どっちもどっちと思えば、気も楽になるのだろうか。