読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらねこ日記

読書、映画、考え事など。色々なテーマを扱える人になりたいです。

不謹慎について

エッセイ

"不謹慎だ!"

とよくネットで話題になる。

震災後に笑顔の写真をSNSにアップすると、"不謹慎の大合唱"が始まる世の中である。世知辛い事、この上なく。

※この件について、個人的には叩くほどの事か?と思う。

 

雰囲気で察してもらえたかもしれないが・・・。

個人的に、この"不謹慎の大合唱"があまり好きではない。

※最近、不謹慎狩りに対する批判も多いしね。

 

そもそも、不謹慎とは?

・本来は慎むべき状況で、その場にそぐわない行動をする事。

として考えられる。

 

例えば、葬式で笑ったら不謹慎、とされる。

 

僕自身は以下の条件に合致する際、不謹慎だがニヤけてしまう。

 

<条件>

①自分も含めた複数の人で怒られている。

②ただし、自分には全く落ち度がない。且つ、怒られている中心人物ではない。

③怒っている人は理性を失っている。

④内容はどうでもいい事。

 

こういう場合、"うわ、こいつめっちゃキレてる・・・"とおかしな気持ちになってしまう。

(このシチュエーション自体に多くの人が同意してくれるかは不明だが。)

緊張感がある場面で、笑ってしまった or しまいそうになった、経験は誰しもあるのでは?と思う。

 

ただし、緊張感のある中で笑ってしまったら=不謹慎であるか?と言えばそうではない。

逆に、緊張感の中で笑いが生まれて、場が和んだ、経験も多い。

場が和むのみならず、大抵の場合、その後、良い方向に進む。

その時の笑いは不謹慎とされない。

 

個人的な意見を言えば。

緊張感のある場で笑いを生みだせる人は懐が深い。

且つ、尊敬すべき人である事が多い。

 

一方、緊張感を伝染させる人もいる。

不自然に緊張している人は周囲を緊張させてしまう。

これは空気感染である。

部屋一体を緊張させる"緊張感パンデミック"を起こしてしまう人は社会から疎んじられる場合が多い。

決して、不謹慎との批判は受けないが。

 

笑いと緊張感は対極の存在ではない。

(不思議な気もするが。)

緊張により生まれる笑いも存在する。

変な緊張感が面白く感じる事もある。

 

イメージをする。

円を描くと、始点と終点は同じ所でつながる。

笑いと緊張感の関係は円で表現できる気がする。

緊張感が高まるにつれて笑いから離れているような気がするが、ある所まで行くと原点に戻ってくる。

結局、切っても切れない関係なのであろう。

この考えは、人間は何故笑うのか?との難問と根っこを同じくすると思う。

 

さて、不謹慎に話を戻す。

不謹慎だ!と叩かれるのは、多くの場合、緊張感が蔓延すべき事態において、である。

まぁ、平たく言えば、こんな大変な時に何を呑気なって話なのだが・・・。

 

緊張ばかりしていても仕方がないし。

緊張感は一回りすると笑いに変わると思う。

円は進み続ければいつか原点に戻るから。

緊張感の中で見つけた笑顔は、原点に戻るべく道標である。

大切にした方が良いのではないだろうか、と考えた方が良い気がする。