読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらねこ日記

読書、映画、考え事など。色々なテーマを扱える人になりたいです。

さよならの握手、残る手の温もり「ツナグ」

もう一度、手をつなぎたい・・・

それが、最後であろうとも。

つないだ手をまた離さなければならないとしても。

最後にもう一度だけ。

さよならの握手・・・

かすかに手の温もりが残る。

そんな風に心に残る小説である。

 

「ツナグ」

辻村深月さん

f:id:anfield17:20161009113128j:image

 

一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれるという「使者」。

突然死したアイドルが心の支えだったOL、年老いた母に癌告知出来なかった頑固な息子、親友に抱いた嫉妬心に苛まれる女子高生、失踪した婚約者を待ち続ける会社員…ツナグの仲介のもと再会した生者と死者。

それぞれの想いをかかえた一夜の邂逅は、何をもたらすのだろうか。

心の隅々に染み入る感動の連作長編小説。

 

本書のテーマは。

死者との再会である。

ただし、人生の中で"一度だけ、一人だけ"である。

例えば、亡くなった両親に会いたいと思っても、父 or 母?の究極の選択を迫られる。

どちらか一人しか会えないのだから。

大人版 "お父さんとお母さん、どっちが好き???"である。

 

しかも、一生に一度だけ。

父親に会ってしまったとすると、その後は恋人や母親に会う事はできないのである。

 

また、死者も同じく"一度だけ、一人だけ"しか会えない。

手順としては。

・生者が死者に会いたいとリクエストする。

・死者は受け入れる。

である。

死者は生者のリクエストを"一度だけ、一人だけ"しか受け入れられない。

例えば、死んだ父親が、妻と子供の二人からリクエストを受けたとして。

妻 or 子供のどちらかしか会えないのである。

 

本書を読むと。

誰もが自分だったらどうするだろう?と思うに違いない。

もし、誰か、亡くなった大切な人にもう一度会えるとしたら・・・?

 

本書は、連続短編集である。

死者に再会できるとの設定。

それを仲介する者として存在する使者の存在を中心に物語が進む。

・・・

様々な立場の人が、色々な思いを抱えて。

 

あらすじからそのまま引用する。

・突然死したアイドルが心の支えだったOL

・年老いた母に癌告知出来なかった頑固な息子

・親友に抱いた嫉妬心に苛まれる女子高生

・失踪した婚約者を待ち続ける会社員

 

皆、会う理由は様々である。

十人十色の思い。葛藤。願い。

・・・

"会う事を願った生者"

"その願いを受け止めた死者"

二つの内に秘められた思いが交錯した時、物語が生まれる。

それが、"ツナグ"である。

 

さて、最後に読んでみないと納得いただけないかもしれないが。

"ツナグ"とは一瞬の事であり、一夜の邂逅に過ぎない。

 

故に冒頭。

もう一度、手をつなぎたい・・・

それが、最後であろうとも。

つないだ手をまた離さなければならないとしても。

最後にもう一度だけ。

さよならの握手・・・

かすかに手の温もりが残る。

そんな風に心に残る小説である。

と書いた。

 

僕は、死者との邂逅がさよならの握手である事に心動かされた。

かすかに残った手の温もりを大切に生きていく。

思い出を乗り越えて次に進むとはそういう事なんだろうなぁ・・・。

 

僕のお気に入りは

・失踪した婚約者を待ち続ける会社員の話。

婚約者である日向キラリさんの思いについてである。

 

僕自身、最近の境遇もあってか、心に沁みた。

しばらく辻村深月さんの本を読んでみようと思う。