読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらねこ日記

読書、映画、考え事など。色々なテーマを扱える人になりたいです。

漫画「喰う寝るふたり住むふたり」

「喰う寝るふたり住むふたり」

日暮キノコ

f:id:anfield17:20161127212153j:plain

 

珍しく漫画を取り上げる。

全5巻。読み切り感があるのが良い。

 

同棲をする男女を描いた作品である。

それも、交際10年、同棲生活8年目・・・

それでいて、未婚!!!

 

ここがポイント。

つまり、もうずっと一緒にいるのが当たり前のようで。

且つ、まぁ、今更、結婚しなくても・・・

と言いつつも、そろそろ結婚しなければ、と思っているような二人。

 

引用する。

町田りつ子と野々山修一は交際10年、同棲生活8年目。
恋人以上、夫婦未満の三十路直前カップル。
そんなふたりに起こるちょっとした日常を
男女両方の視点から描いた恋愛ザッピングストーリー。

 

僕の知人で同様のパターンを知っている。

その方々は、"親が結婚に乗り気ではない"が障壁になっていたとか。

最終的に、風の噂で別れたとの事・・・。

人生色々。

様々な人がいるもんだ、と思いつつ。

高校から社会人まで10年ほど、一緒に居て・・・それでいて別れたとの結果に結構な衝撃を受けたものである。

正直、自分だったら、"震えが止まらない"だろうなぁ。

 

ただ、男女の仲は別れる時はあっけないもの。

離婚だって紙切れ一枚で成立します。

決して壊れない愛情だと思っていたら、案外、湯葉ぐらい脆いものでした。

皆々さま、身に沁みて感じていらっしゃる事でしょう(涙)

 

さて、本作である「喰う寝るふたり住むふたり」について。

結果どうなるか?は本編を読んでのお楽しみ。

僕は全5巻。

楽しく読み終える事が出来た。

 

思った事を綴る。

 

まず、高校から社会人の時間を共有できるって凄くいい。

青春の時間をリアルタイムに過ごせた人と一緒になるのは理想とすら言える。

 

"思い出の共有化"が深いからであろう。

 

個人的に。

"この二人、幸せそうだなぁ。"と思う瞬間は、"二人だけが笑っている瞬間を目撃した時である。"

例えば、僕自身の話をすると。

いわゆる親友が既に結婚している。

しかも、ありがたい事に夫婦ぐるみの付き合いであるため、親友夫婦 + 私、の組み合わせで飲んだり、遊んだりさせてもらえている。

その時に。

なんでもいいのだけど。

例えば、"鳩を見て、二人が笑っている"とする。

話してみると、"昔、鳩でこんな思い出があるんだ〜"なんて話してくれる。

僕は、"そりゃ、面白い!!!!"なんて返すのだけど。

心の内では、"幸せそうでいいなぁ"と思っているのである。

 

こう定義したらどうだろう。

"二人だけの風景を持っている事は幸せ"

そう。

二人だけの時間、二人だけの空間、二人だけの思い出。

この数が多ければ多いほど・・・

人は幸せになれるのである。

 

そんな着眼点で幸せを考えた時。

「喰う寝るふたり住むふたり」

のふたりは、理想に近い。

だから、心が温まるのである。

(ヒートテックなんかよりよっぽど温まる)

 

もう一点。

男女関係の肝は"すれ違い"である。

と、恋愛マスターどころか、恋愛もやしである、僕が語ってみる。

(どうか納得してください!!!)

※なんとなく考えついた"恋愛もやし"との言葉は、恋愛経験がもやしみたいにひょろひょろしている例えである。

 

そのすれ違いが「喰う寝るふたり住むふたり」では見事に描かれている。

そもそも、構成が。

一つの出来事に対して、"男の目線/女の目線"で1話ずつ描かれる方式なのである。

あの時、男は/女は、こう思っていた!!!

ふむふむ、なるほど。

そして、ビールを片手に"わかるわぁ〜"と唸りたくなるに違いない。

 

恋愛前/恋愛中/恋愛成就/同棲中/結婚済み

いずれの人でも楽しめる。

絵も好きです。

よき漫画なり。

 

追伸

もし、今の僕が高校生時代の僕にアドバイスするならば、全力で恋愛しろ!!!と言いたくなった。