読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらねこ日記

読書、映画、考え事など。色々なテーマを扱える人になりたいです。

独り暮らしに関する考察。

独り暮らしを始めたんですよ。

これが2016年の主な出来事である。

気づけばもう5ヶ月目になろうとしている。

振り返るには充分。

ここはいっちょ思う所を綴ろうではないか。

 

先に、僕自身の話をすると。

実家暮らしは実に快適であった。

特に、両親とも仲が良く。

父親と酒を飲んだり、母親と映画の話をしたり。

野良猫が住み着いていたので遊んだり。

幸せ、とはまさにこの事。

と、言うわけで、実家暮らしに全く不満はなく。

 

ではなぜ?

今思えば、自主的に革命を起こしたかったからであろう。

(大げさなのは重々承知)

何か変えなきゃなぁ、と漠然と思っていた。

人生は、何か変えなきゃなぁ、の連続であるとすら思う。

そんな僕にとって、独り暮らしとは、割と行動に移しやすかった。

 

僕自身、実に安定志向の人間である。

確固たる四足歩行で歩いている。

例えるなら、亀。

土台をこよなく愛す。

雨降って地が凍りつき。

石橋を叩いて壊すタイプの手堅い男である。

一世一代のギャンブルなんて言葉は吾輩の辞書にはございません。

 

そんな僕であるが、このままで良いのかしらん、と漠然と思い。

すわ!!!との勢いで電撃的に独り暮らしを始めた。

この時は、人生で最も"思い立ったら吉日"を体現していたと思う。

職場の同僚が口を揃えて・・・

"本当にやるとは思わなかった。"と。

構想から実現までが、僕史上異例の速さ。

亀とウサギの話でいう、"ウサギが最初から最後まで全力疾走しました"みたいな速さであった。

言いだしてから2ヶ月程度でゴールイン。

 

確かに、面倒な事、多々ありて。

ただ、やってみれば、面白いことの方が多かった。

土地を見極め、家を探し、住む。

家具を選び、各種手続きをして、土地を知る。

一つ一つのプロセスが、我が血肉となり刺激となった。

 

僕は独り暮らし至上主義ではない。

実家暮らしで満足できているならば、無理に独り暮らしはしなくて良いと思う。

ただ、独り暮らしを始めて後悔はしない、と思う。

 

確かに寂しい時もある。

信じられぬ程の孤立感。

木彫りのクマぐらい躍動感溢れて浮き彫りになった孤独。

土日に予定がないと言葉を発しません。

夜な夜な焼酎"100年の孤独"でも飲みたい気分。

(4分の1程度しか生きてないけど)

 

ゾンビの如く湧き出てくる家事の数々。

皿洗い→料理からの皿洗いリターンズ→掃除→洗濯からの洗濯機の掃除。

家事は輪廻転生である、と悟った。

終わりがない。

(解脱するには、結婚しかない!!!!)

これをやってくれていた母親、サンキューです。

 

ただ、そんなことよりも。

僕は、無条件に一緒に居てくれた家族にありがたみを感じた。

何度か家に友人を招いたりしたけど。

彼らは一様に遊びに来ただけである。

 

家族って、無条件に一緒に居てくれる。

故に、大切なものなのだと気付いた。

 

独り暮らしによって失われた"ただいま、おはよう、おかえり、おやすみ"

もう5ヶ月ぐらい言っていない言葉たち。

(正確には、言った事もあるけどね〜)

再び僕の元に帰って来て欲しいなぁ。

 

※独り暮らしの孤独に関する考察になってしまった。そのうち楽しみの部分も綴りたい。