読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらねこ日記

読書、映画、考え事など。色々なテーマを扱える人になりたいです。

独り暮らしの要諦は 「鳴かぬなら殺してしまえほととぎす」 である。

今週のお題「2017年にやりたいこと」

 

独り暮らしの要諦は

鳴かぬなら殺してしまえほととぎす

である。

 

f:id:anfield17:20170107095652p:plain

 

有名な言葉。

日本を代表する戦国武将の性格を端的に表したホトトギス活用術である。

・「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス豊臣秀吉

・「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス徳川家康

・「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス織田信長

 

小学生〜中学生時代に日本史の先生が教えてくれる。

広く知れ渡っているであろう言葉。 

子供ながらに、何と残酷な!!!と思った記憶あり。

 

ふと思い出したこの言葉に、独り暮らしの要諦ありと思う。

 

もう一度言う。

"「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」by 織田信長"

もちろん、"ホトトギスを飼え"との話ではなく。

"ホトトギスを殺す"必要もない。

・・・

独り暮らしに肝要な点として、言い換えると。

"要らぬなら、棄ててしまおう、〜を"

である。

 

つまり、

とにかく"要らないものは棄てろ"との話、である。

 

独り暮らしの部屋なんて狭いものである。

要らないものを置いておくと、どんどん領地がなくなる。

加えて、自分のもの以外は存在しない。

思い切って捨てても誰も文句は言われない。

 

これから独り暮らしをしようと思っている人に忠告だが。

"要らぬなら、要るまで待とう、〜を"

の精神で過ごしていると、瞬く間にゴミの要塞が築かれる。

押入れが難攻不落の要塞になる前に手を打たねばならぬ。

 

ミニマリストまでは至らぬものの。

やはり、整理整頓された空間に憧れるもの。

 

そんなわけで大掃除はもちろん。

普段の生活においても戦国武将の気概を持つべし。

2017年。次々とホトトギスを殺戮する勢いでいくべし。

(本当に殺してはいけません。)