読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらねこ日記

読書、映画、考え事など。色々なテーマを扱える人になりたいです。

映画史上で最も愛された悪キャラ?ダースベーダー

ダースベイダー。

映画史上に残る悪役キャラクターの一人であろう。

漆黒に包まれた姿はThe 暗黒面。

初見であっても「こいつ悪い奴だな。」と感覚的にわかる。

※300年後の人類が見たとしても、悪い奴だな、と思うであろう。

俗に言う"ラスボス感が半端ない"。

彼がいる or いない、でスターウォーズは全く違う作品になったと思う。

f:id:anfield17:20170129202527j:plain

 

独特のテーマ曲で登場する。

ダースベイダーのテーマ - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=kVvNKRk0Mgw

 

一緒に見つけた"やる気のないダースベーダーのテーマ"も面白かったので貼っておく。

www.youtube.com

 

スターウォーズに興味がなくても一度は聴いた事があるのではなかろうか。

劇中にこのテーマが流れると、スターウォーズファンは高揚する。

 

スターウォーズを全く知らない友人に・・・

"ダースベーダーって知ってる?"と聞いたら。

"コホーコホーの人でしょ?"と返ってきた。

あながち間違いではないし。

ディテールを言い当ててきたので何も補足はしなかった。

要は有名なキャラクターなのである。

"コホーコホー"が存在/威圧感を倍加させているのも事実だしね。

 

以前、後輩に"コホーコホー"とモノマネを仕掛けてみたら・・・

寿命を迎えた亀みたいな目をするばかりで全然ウケなかったが・・・。

 

こよなく愛される悪キャラである。

悪の中枢にも関わらず。

ダースベーダーを愛するスターウォーズファンは多い。

理由は様々あるが・・・。

ダースベーダー誕生秘話を掘り下げていくと、必然的にわかる。

(説明も面倒だしネタバレするので何も書かないが。)

※ただ、何と言ってもフォルムがカッコいい、の一言に尽きる。

 

ダースベーダーはいわゆる帝国軍の司令官的な存在である。

要するに、悪党軍団の親玉に仕える最強の司令官。

会社で言えば、副社長ぐらい偉い人なのだろうけど。

頻繁に敵陣へ突入する。

しかも、敵の艦隊に単騎で堂々と乗り込む。

先に触れた通り・・・

テーマ曲を流してから満を辞して登場するのだから、隠密でもなんでもない。

(まぁ、強いので、三國無双のようにバッタバッタと敵をなぎ倒すのであるが。)

 

ただ、基本的に司令官的な存在であるため。

劇中、頻繁に部下から報告を受けているのだが・・・

部下は不憫。

イメージだと・・・

①ポーカーフェイスすぎて報告中に反応がわからずに部下が焦り始める。

②お気に召さないようで最終的にはダースベーダーに首を絞められる。

のような流れになる。

 

完全に見かけ通りのブラック企業の上司ですよ。

f:id:anfield17:20170129204238j:plain

 ↑良い報告であっても。こんなのに報告したくないわな。

 

ダースベーダーってのは、元々は悪い奴ではなかったのも有名な話。

"暗黒面(ダークサイド)に堕ちた"と劇中では表現されるが。

これは、スターウォーズが生んだ、最高の名言であると思う。

日常的にも"あいつ、ダークサイドに堕ちたな・・・。"と使われる。

(なので知っていて損はない。)

 

と、ここまでダースベーダーについて語っておいて。

(語りたくなるぐらい魅力的なキャラなのです。)

スターウォーズに魅力は、最大の悪キャラが愛されている事、で紐解けると思う。

悪党が魅力的な映画って良い作品が多い。

羊たちの沈黙ハンニバルレクターとか。

正義の味方がかっこいい映画より、悪役が魅力的な映画が好き。

 

映画史上に残る稀代の悪役ダースベーダーたる傑物を知るだけでも、スターウォーズシリーズを鑑賞する理由になると思う。

 

※ローグワンのダースベーダーがカッコ良すぎたため、こんな記事になりました。