のらねこ日記

読書、映画、考え事など。色々なテーマを扱える人になりたいです。

儚い羊たちの祝宴

カニバリズム

いわゆる、人肉を食べる事、である。

 

人間がやってはいけない事の中には、

①環境によって刷り込まれたもの

②人間の本能的に拒絶するもの

に分かれる、と僕は考えるが。

カニバリズムは後者だと思う。

 

①環境によって刷り込まれたもの、については。

(世の中の女性からすると猛反発かもしれないが)

例えば、一夫多妻制、とは子孫を増やすために有益な事(=本能的には受け入れるべきもの)であると思う。

ただ、環境がそれを許さない。

不倫、との言葉が意味する通り、倫理的に許されない、のである。

 

とかく、この、本能的にやってはいけない事(禁忌と表現される)の呪縛は強いものがあり。

今回読んだ小説は、その呪縛的な所を漂っているような小説、である、と表現したい。

 

儚い羊たちの祝宴

米澤穂信

 

この作者の作品は「満願」に続き、二つめ。

印象として。

ダークな部分が実に印象的。

 

あらすじを引用

夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」。

夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。

翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、四年目にはさらに凄惨な事件が。優雅な「バベルの会」をめぐる邪悪な五つの事件。

甘美なまでの語り口が、ともすれば暗い微笑を誘い、最後に明かされる残酷なまでの真実が、脳髄を冷たく痺れさせる。

米澤流暗黒ミステリの真骨頂。

 

 

思考回路、がダークなのである。

怨恨、などと表現できる、単純な話ではなく。

ネジが外れている、と言った方が正しい。

そこは、いわゆる、カニバリズム、的な話と似通うものあり。

禁忌的な深層でのダーク。

本作の魅力はそこにある。

 

短編集が連なる。

共通するのは、漆黒の闇。

人間が生み出す闇を。

いや、醸造する闇、と言った方が良いか。

これでもか、と表現する。

実に力のある作家だと思う。

 

羊と鋼の森 名作にて。

僕には才能がない。

そう言ってしまうのは、いっそ楽だった。

でも、調律師に必要なのは、才能じゃない。

少なくても、今の段階で必要なのは、才能じゃない。

そう思う事で自分を励ましてきた。

才能という言葉で紛らわせてはいけない。

あきらめる口実に使うわけにはいかない。

経験や、訓練や、努力や、知恵、機転、根気、そして情熱。

才能が足りないなら、そういうもので置き換えよう。

もしも、いつか、どうしても置き換えられないものがあると気づいたら、そのときにあきらめればいいではないか。

怖いけれど。

自分の才能のなさを認めるのは、きっととても怖いけれど。

 

努力していると思ってする努力は、元を取ろうとするから小さく収まってしまう。

自分の頭で考えられる範囲内で回収しようとするから、努力は努力のままなのだ。

それを努力と思わずにできるから、想像を超えて可能性が広がっていくんだと思う。

  

乱暴に文中の言葉を引用するだけで、魅力を伝える事ができると思った。

それだけ・・・本作の言葉には魅力がある。

 

羊と鋼の森

宮下奈都

 

f:id:anfield17:20180415215247j:image

 

 

あらすじを引用。

ピアノの調律に魅せられた一人の青年が調律師として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った長編小説。

2016年本屋大賞受賞。

ゆるされている。世界と調和している。
それがどんなに素晴らしいことか。
言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。

「才能があるから生きていくんじゃない。そんなもの、あったって、なくたって、生きていくんだ。

あるのかないのかわからない、そんなものにふりまわされるのはごめんだ。

もっと確かなものを、この手で探り当てていくしかない。(本文より)」

 

ピアノの調律師について。

僕自身が調律師を題材とした小説を読んだ事がなかったので設定自体が楽しめた。

 

青年がピアノに魅せられて調律師としての人生を歩む。

目指す音は分かっている。

でも、どうやって辿り着くのかがわからない。

 

目指すべきものが茫洋とする時。

人は時に道を見失う。

 

調律師、とは、いわゆる正解のない世界である。

・・・

音に正解はない。

どう調律すれば、あの音に辿り着くのかがわからない。

・・・

"自分には才能がないからしょうがない"

この言葉は僕自身も口にした事のある言葉。

口にすると同時に。

自分を守る言い訳の膜を纏っていたと思う。

できない理由を自分以外の何かに預ける事で自分を正当化していたと思う。

・・・

繰り返しだが、もう一度、引用する。

 

僕には才能がない。

そう言ってしまうのは、いっそ楽だった。

でも、調律師に必要なのは、才能じゃない。

少なくても、今の段階で必要なのは、才能じゃない。

そう思う事で自分を励ましてきた。

才能という言葉で紛らわせてはいけない。

あきらめる口実に使うわけにはいかない。

経験や、訓練や、努力や、知恵、機転、根気、そして情熱。

才能が足りないなら、そういうもので置き換えよう。

もしも、いつか、どうしても置き換えられないものがあると気づいたら、そのときにあきらめればいいではないか。

怖いけれど。

自分の才能のなさを認めるのは、きっととても怖いけれど。

 

本作は一人の青年の物語。

青年は"才能がない"との言葉をあきらめの口実に使う選択をしなかった。

その選択が・・・

いかに自分を律した上での決断であるか。

言い訳を飲み込んだ上での強さであるか。

30年生きた僕にはそれがよくわかる。

 

言葉が残る。

心に突き刺さり、中で確固たる形で沈殿する。

本当に名作。

ああ、いい本との出会いはなんでかくも幸せな事なのか。

 

 

 

「本屋さんのダイアナ」

大好きな人が自分と同じものを好きだった時。

なんでこんなに嬉しい気持ちになるのだろう。

・・・

大好きな人と大好きなものの話をすると。

なんでこんなに幸せな気持ちになるのだろう。

 

ピンク色の装丁にも影響されて。

桜のようにキュートで切ない・・・

だけど、背中を押してくれるような春らしい小説。

(季節感に乗っかりすぎて恐縮だが。)

 

本屋さんのダイアナ

柚木麻子

 

柚木麻子さんの作品は初。

本屋大賞ノミネートなのだから読んでみよう、との動機。

 

あらすじを引用。

私の呪いを解けるのは、私だけ。

「大穴」という名前、金色に染められたパサパサの髪、行方知れずの父親。

自分の全てを否定していた孤独なダイアナに、本の世界と同級生の彩子だけが光を与えてくれた。

正反対の二人は、一瞬で親友になった。

そう、“腹心の友”に―。

少女から大人への輝ける瞬間。

強さと切なさを紡ぐ長編小説。

 

 

"大穴"と書いてダイアナと読む。

名前である。

いわゆるキラキラネーム。

ヒロインである女の子 矢島大穴(ダイアナ)

 

"大穴(ダイアナ)"である。

 

案の定、馬鹿にされる。

ダイアナ、との響きがよくない。

外国人風すぎるのである。

しかも、ダイアナは母親に髪を染められてバサバサの金髪少女である。

・・・

ダイアナ?外国人なの?

え?違うの?(ヒソヒソ)

との展開は誰もが予想する。

 

これは、親を呪う。

 

さて、呪うべき対象の名付け親である母のティアラは・・・

"大穴なんて名前!ラッキーでいいじゃん!”とケラケラしている。

※大穴の由来は競馬の大穴

なお、ティアラの本名は矢島有香子。

シングルマザーでダイアナを育てている彼女はキャバクラで働いており。

ティアラはその源氏名である。

 

ダイアナは自分の境遇にかなり不満を抱いている。

大穴、との名前も、染められた金髪も大嫌い。

とにかく、平凡な名前に生まれたかったと願っている。

 

この名前をいじられる的な幼少期ぐらいのノリは、後々考えれば大した事ではないのだけど。

子ども心にはグサリと刺さる一撃なんだよなぁ・・・。

 

ダイアナは、無類の本好き少女である。

そして、本好きが憧れそうな生活スタイルを夢見る女の子である。

キャバクラ嬢である母ティアラの影響でキラキラデコレーションされたものばかりに囲まれている生活ではなく。

 

つまり、一刻も早く今の環境から抜け出したいと思っている。

そんなダイアナが、ツヤツヤの黒髪で、料理教室を開く母を持つ、彩子と出会う。

ダイアナからすれば、理想の存在。

そして、二人は親友となる。

 

今までの紹介はダイアナの視点で書いたが。

本作は、ダイアナと彩子の主観で順番に語られる物語である。

 

展開はわかりやすいのだけど、ストレートな友情が実に気持ち良い。

春に読むべき一冊。

「鍵のない夢を見る」辻村深月

「鍵のない夢を見る」

辻村深月

 

本作は短編集であり。

その中の一編である「君本家の誘拐」を紹介したい。

 

子を持つ母親の話。

  

手にとっていたヘアゴムを棚に戻し、ふっと横を見るとベビーカーがなかった。

え、と後ろを振り返る。そこにもない。

 との書き出しで物語は始まる。

 

娘の咲良を乗せたベビーカーが突然姿を消す。

平穏なショッピングモールでの出来事。

母親の君本良枝は焦る。

 

最愛の愛娘が忽然と姿を消した。

ベビーカーに乗った咲良は自分では動ける歳ではない。

警備員に相談するも、見つからない。

高まる焦燥。

・・・

・・・

・・・

過ぎる不安。

誘拐?

・・・

・・・

・・・

母の良枝は思う。

咲良を返してください。

あの子のためなら何でもする。

あの子がこのてに無事返ってくるなら何でもする。

絶対にもう二度と、手離したりしません。

大粒の涙がぼたぼたと頬を滴り、スカートの上に落ちた。

 

そこから物語は過去に戻る。

回想の中で、

良枝がずっと子供を欲しいと思っていたか。

娘の咲良がどれほど待ち遠しい存在であったか。

が語られる。

 

その中で少しずつ語られる"微妙なズレ"。

決定的ではない。

だけど、着実に軋む感覚。

 

子育てとはストレスのかかるもので。

僕自身は体験した事がないので慮るしかないが。

周囲のサポートなしには乗り切り難いもの。

子育てのストレスが良枝の中で歪みに変わっていく。

 

巧いと思うのは。

感情的なズレを読者には感じさせるも。

登場人物の心理描写としては描かない点。

故に、軋みは読者の中に残る。歪みとしてはっきりと認識する。

 

短編集のタイトルである「鍵のない夢」とは何であろう。

思うに。

鍵とは手段。

出るための方法だと思う。

"鍵のない夢"とは、出る方法が明確にわからない夢。

 

主人公が夢の中にいるような話である。

決して華やかなものではなく。

夢の中で身体が思うように動かないような、もどかしい夢なのだけれど。

 

「君本家の誘拐」において。

良枝にとっての鍵は何であったか?

夢の続きがどのようなものであったのか?

その分岐点の描き方が実に見事。

 

直木賞受賞も納得。

 

夢の中であなたの声を聞く。

あなたの声だけが、私を夢から覚ましてくれる。

あなたのためならなんでもする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「盲目的な恋と友情」〜主観はいつだって真実の正しい物語〜

恋と友情は人生を彩る。

とても美しく。

しかし、時に、狂おしく歪んだものになる。

恋と友情はいつだって人生の主役だが。

全てが美しい物語とは限らない。

 

「盲目的な恋と友情」

辻村深月

f:id:anfield17:20180226224412j:image

 

あらすじを引用。

タカラジェンヌの母をもつ一瀬蘭花は自身の美貌に無自覚で、恋もまだ知らなかった。

だが、大学のオーケストラに指揮者として迎えられた茂実星近が、彼女の人生を一変させる。

茂実との恋愛に溺れる蘭花だったが、やがて彼の裏切りを知る。

五年間の激しい恋の衝撃的な終焉。

蘭花の友人・留利絵の目からその歳月を見つめたとき、また別の真実が―。

男女の、そして女友達の妄執を描き切る長編。

 

  

"恋と友情"

いわゆる少女漫画における二大巨塔。

お涙頂戴的なストーリーになるテーマであるが。

本作はあくまで、"盲目的"であり。

"盲目的"との言葉から滲みだす不穏な雰囲気に"恋と友情"が飲み込まれる。

なんであっても、"盲目的"であるとロクなことはない。 

 

構成は

第一部 恋

第二部 友情

との流れ。

 

同じ時間軸で時間が流れるため。

一つのストーリーを

①恋の主人公である一瀬蘭花の主観。

②友情の主人公である傘沼留利絵の主観。

でなぞる。

 

"盲目的である"二人が語る。

盲目的にのめり込んでいる人物の主観なんて、大本営発表みたいなもので当てにならない。

ただし、その主観を通してのみ私たちは物語を読む。

 

登場人物に感情移入する作品ではないと思う。

ただし、心の機微は丁寧に描かれる。

恋も友情も、誰しもが経験する事であり。

共感できる心理描写は所々に散りばめられている。

この辺りは辻村さんの作家としての特長である。

 

本作の魅力は主観が形成する物語の強さ。

主観とは、非常に不思議なもので。

個人にとって"主観はいつだって真実の正しい物語"である、と思う。

三者の目から見てどんなに歪んだ物語でさえ。

主観は"真実の正しい物語"に変えてしまう。

そこに危うさがある。

 

本作は

恋に溺れた一瀬蘭花の真実の正しい物語であり

友情に盲執した傘沼留利絵の真実の正しい物語でもある。

 

だから物語に力があり、読者は引き込まれる。

 

登場人物への感情移入はなく。

キレイな物語でもない。

だけど刺激的な作品である。

 

なお、本作のキーパーソンとして。

"美波"たる蘭花と留利絵の共通の知人が登場する。

美波は二人の主観によって描かれるわけだが。

物語の中で、蘭花と留利絵を写す鏡のような役割を果たす。

その構図が深みを生み出している。

 

 

「英雄の書」は"物語"の物語である。

"物語"

さまざまの事柄について話すこと。語り合うこと。また、その内容。

世の中には色々な物語があって。

悪しきも、逆も然り。

そして、人はどんな時だって物語を求める。

もしくは、物語を求めて生き続けた。

 

小説に限った事ではなく。

映画はもちろん、舞台だって物語だ。

寝る前、描く自分の未来だって物語。

それが美しいものであっても、邪悪なものであっても。

 

本作、「英雄の書」は"物語"の物語である。

つまり、人々が物語を求めるもの、である、との前提を踏まえた上での物語である。

 

「英雄の書 上下」

宮部みゆき

f:id:anfield17:20180218151506j:plain

 

 

あらすじを引用。

森崎友理子は小学五年生。

ある日、中学生の兄・大樹が同級生を殺傷し、失踪するという事件が起きた。兄の身を心配する妹は、彼の部屋で不思議な声を聞く。

「ヒロキは『エルムの書』に触れたため、“英雄”に憑かれてしまった」。

大叔父の別荘から彼が持ち出した赤い本がそう囁いていた。

友理子は兄を救い出すべくたった一人で、英雄が封印されていた“無名の地”へと果敢に旅立った。

 

ファンタジー作品。

宮部みゆきさんのファンタジー作品と言えば、否応無しに「ブレイブストーリー」を思い出す。

共通しているのは、RPGゲーム的な世界観、であろう。

これが好きか嫌いか?は個人によるのだけど。

(ちなみに僕は好き)

 

"世界観"たるものは小説を語る上で非常に重要になる。

 

僕自身は下記のように考える。

 

・その小説の"世界観"が好きならば。

・その小説を好きだ、と言って良いと思う。

 

小説とは、イメージの産物である。

描写を具体的にイメージする場合もあれば。

読んでいる最中に茫漠とイメージするものもある。

物語に没入する中で生まれる副産物のようなもの。

小説を手にしている時に自分自身が包まれる雰囲気、と言っても良い。

 

本たるものは、読み始めて、中盤に差し掛かれば。

本は書かれている文字だけではなく空気を纏い出す。

 

宮部みゆきさんの話に戻すと。

僕は、宮部みゆきさんの実に少年チックなRPGファンタジー感が好きで。

本作も楽しませていただいた。

小説の楽しみ方として、それもまた一興だと思う。

本屋に行くのは楽しい事です。

本屋に行くのは楽しい事です。

個々人の趣味に影響されるのは当たり前の話だが。

僕自身は本屋に行くのが楽しいと思うのです。

 

本屋に足を運ばない理由はインターネットの通販であろう。

この問題は本屋に限ることではない。

何を買うにしたって"足を運ぶ面倒さ"を感じたら終わりである。

正直、インターネット通販の便利さと言ったらない。

ただ、指先の操作だけで欲しいものが手に入る、のみならず。

価格も安くなる可能性が高い。

(人件費の問題だと思うが)

 

そもそも、いわゆるリアル店舗は必ず欲しいものがあるとは限らない。

本で例えるなら。

そもそも探すのが困難である。

文庫だとすると。

新潮文庫?文春文庫?集英社文庫

がわからないと、地図もなく知らない土地を歩くようなものだ。

しかも、確実にあるとは限らないので。

結局、どの出版社から発行されているかもわからずに終わる可能性がある。

 

インターネットであれば、有無が確実である。

なので利便性を考えたら、本屋は全滅しても特に困らぬ、との話になってしまう。

 

考えるべきは、"この利便性"、だと思う。

"利便性の罠"ってものは確かに存在すると思うので。

 

さて、目的の話をする。

"本を読む"ってのは、ざっくりといえば"人生を豊かにするもの"

ホラー、エッセイ、純文学、教養。

いずれのジャンルであっても、"人生を豊かにするもの"との目的は変わらず。

"人生を豊かにするために"本を購入するのであろう。

この点、どうあがいても不変。

不幸になるために本を求める人は簡単には見つからぬ。

(本に影響されすぎて、結果、誤った道に進んでしまう人はさておき)

 

"人生を豊かにする"

さて、手に入れるまでの喜びについて話をする。

 

この時点で結論が見えたかもしれない。

 

①インターネットで購入する本

②本屋で購入する本

③本屋をハシゴしてようやく見つけた本

どれが一番人生を豊かにするか?

まぁ、誰がどう考えても③である。

次点は②だと思うのである。

もちろん、①が一番楽、であるし、時間は有効活用できる。

 

時間の有効活用とは何なのか?

と考えた時。

結局は、時間を有効活用して人生を豊かにする、との結論に至る。

・・・

これって、堂々巡りで。

本屋に行かずに本を買って、時間を有効活用して?

その時間で人生を豊かにする何かをしよう!との流れ。

あれ?最初から本屋で買っていれば、手に入れる喜びで人生を豊かにできるのでは?

・・・

100%の同意は求めぬ。

ただ、同じ事を思う人はいると思う。