読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらねこ日記

読書、映画、考え事など。色々なテーマを扱える人になりたいです。

太っているから肉子ちゃん「漁港の肉子ちゃん」

小説:日本人作家

"やわらかい"っていいな。

そんな事を思った。

この小説は全体的に"やわらかい"。

やわらかいものといると人は安心する。

読んでいて安心感に包まれる。

 

僕自身、西加奈子さんは2作目。

前に読んだ時も、同じようにやわらかさを感じた。

良き作風なり。

 

「漁港の肉子ちゃん」

西加奈子

f:id:anfield17:20160508100305j:image

 

本書の主人公は、肉子ちゃんである。

もちろん、本名ではない。

あだ名である。

 

さて、あだ名が肉子ちゃんと言われると・・・

(※例えば、娘が肉子ちゃんと呼ばれていたらどうか?)

①いじめられている。

②愛されている。

のどちらかであるのは想像に難くない。

・・・

本作の主人公 肉子ちゃんは、②の愛されている。である。

ご安心を。

 

この肉子ちゃんのキャラクターが良い。

まん丸に太った明るい38歳だ。

 

冒頭を引用する。

肉子ちゃんは、わたしの母親だ。

本当の名前は菊子だけど、太っているから、皆が肉子ちゃんと呼ぶ。

 

この冒頭はインパクト大だ。

何故なら、"太っているから、肉子ちゃんと呼ぶ"なんてストレートすぎる話だからである。

メジャーリーガー渾身の一球ぐらいストレートである。

 

体型はデリケートな話題であると思うが。

肉子ちゃんはそんな事を気にもしない。

とにかく明るい。

それでいて、まぁ、騙されやすいのである。

恐ろしいほどに男運がない。

 

出会った人たちは例えば、こんな男たちだ。

・多額の借金を肉子ちゃんに残して逃げた男。

・自称学生の男。昼は麻雀パチンコ/夜は肉子ちゃんが貢いだ金で風俗。

・妻と子供がいて、別れるために慰謝料が必要とせびる男。

要するに、糞野郎どもである。

 

さて、肉子ちゃんの性格を伝える良いエピソードがある。

別れるために慰謝料を要求する男が300万を欲しがったの工面している時。

・・・

男に新しい子供ができた。

この時ばかりは、それを知った肉子ちゃんが逆上。

男の住んでいる家に乗り込もうとしたそうな。

・・・

だが、男の家の目の前に、子供用の自転車が置いてあるのを見て。

あっさりと踵を返した。

「子供には、罪はないからな!」

との事。

果てしなくいい人。

 

さて。

本書は、そんな肉子ちゃんと娘であるキクりんの人情物語である。

ちなみに、娘であるキクりんは肉子ちゃんと全く似ていない。

かしこくてかわいい小学5年生である。

そんな母子のコントラストが楽しい作品だ。

 

あらすじを引用。

男にだまされた母・肉子ちゃんと一緒に、流れ着いた北の町。

肉子ちゃんは漁港の焼肉屋で働いている。

太っていて不細工で、明るい・・・・

キクりんは、そんなお母さんが最近少し恥ずかしい。ちゃんとした大人なんて一人もいない。それでもみんな生きている。

港町に生きる肉子ちゃん母娘と人々の息づかいを活き活きと描き、そっと勇気をくれる傑作。

 

読むと暖かい気持ちになれる。

騙されたっていいじゃない。

やわらかく精一杯生きていこう。